2010年05月02日

★vol.114-2★(2010.5.2)



沿岸釣り人のキモチのイイ釣り勉強会感想。その2(48分)
ふらりと話し始めて、結局はこの事を話さないと行けないと思いました。
posted by 痴虫 at 02:19| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
凄く遅いコメントですみません、
イベントでドライスーツで飛び込んだ
ハンチングの者です。
F&Pモニターやら多摩川鯰普及委員会をやっています。
ライジャケは浮力体があるものか自動膨張のものを主体に考えていかないといけないな〜と思った反面、
浮力体が多いものは釣りがしにくそうでした、
わたしの着たものはロッドを振ること自体が厳しそうでしたよ。

もっと釣り具店でいろいろ説明してくれてもいいのかな?とか本流のウエーディング(トラウト)もつけたほうがいいのでは?と考えが広がっていくばかりです。

サーフレジェンドの方が言っていたように「危険だから近寄らないじゃなく危険だからどんな風にあそんだらよいか」
これをこれから続くであろう「海の気持ちの勉強会」にやっていただきたいです(笑)
長くなって申し訳ありません。

Posted by KAI at 2010年06月02日 12:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。